アンテナメニュー開閉
←前の記事 次の記事→

細かすぎて伝わらない、超極小の紙製R2-D2が生み出される

小さすぎてよく分からないレベル。

細かすぎて伝わらない、超極小の紙製R2-D2が生み出される
びっくりするほど小さい紙製のR2-D2。(BBコリー)

超極小の紙製R2-D2

スターウォーズシリーズの新作、スター・ウォーズ ep7フォースの覚醒(原題:Star Wars: The Force Awakens)は米国および日本で2015年12月18日に公開される予定となっており、スターウォーズファンにとっては待ちきれない日々が続く。

そんな中、スターウォーズに登場するキャラクターの一つであるR2-D2を紙工作で作ったという動画がニコニコ動画に投稿されて話題となっている。

これはただの紙工作では無く、その紙で作られたR2-D2の大きさは米粒ほどしかないという。

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 細かすぎるR2-D2を制作する動画が公開される。
  • 作品はあまりにも小さすぎて凝視しないと分からない程。
  • 作者は他にも爪楊枝14000本でFCマリオのOP画面を作っている。

あまりにも細かい紙工作

細かすぎて伝わらない大きさのR2-D2を制作する動画(ニコ動版はこちら)。(【極小紙工作】細かすぎて伝わらない スター・ウォーズ 2015)

このあまりにも小さい紙製のR2-D2、動画タイトルの細かすぎて~という言葉に負けじ劣らずの小ささである。

ちなみに制作時間はわずか1時間半とのことで、非常に器用かつ迅速に作られている。

完成したR2D2。左にある1円玉と比較してもかなり小さい。
完成したR2D2。左にある1円玉と比較してもかなり小さい。

制作風景

以下は極小紙R2-D2が作られるまでの制作風景。

制作に使用した複数の紙。
制作に使用した複数の紙。
制作前にR2-D2のデッサン(下絵)を描く。
制作前にR2-D2のデッサン(下絵)を描く。
切った紙とパンチした銀紙を組み合わせる。
切った紙とパンチした銀紙を組み合わせる。
R2-D2のボディが完成。この時点で小さすぎてよく分からない状態。
R2-D2のボディが完成。この時点で小さすぎてよく分からない状態。
あまりにも小さすぎて紙くずにしか見えないパーツ。
あまりにも小さすぎて紙くずにしか見えないパーツ。
器用な手さばきで先ほどのパーツを接着していく。
器用な手さばきで先ほどのパーツを接着していく。
完成した作品。あまりにも細かい。
完成した作品。あまりにも細かい。

制作風景を一通り見てみたが、この小ささ、細かさはまるで職人芸である。

制作者は過去に多くの作品を制作

極小R2-D2を制作した作者のBBコリー氏は普段から紙工作(ペーパークラフト)を制作しており、彼のHPを見てみるとこれまでに多くの作品を作ってきたようだ。

また、紙工作以外の作品も時々作っているようで、過去には爪楊枝14000本を使用して初代マリオのタイトル画面を制作していた。

14000本の爪楊枝を使って再現された初代マリオのタイトル画面。(爪楊枝14000本で初代マリオを再現しよう!)
大量の爪楊枝で作られた初代マリオのタイトル画面。
大量の爪楊枝で作られた初代マリオのタイトル画面。

なお、制作者HPのプロフィールを見てみるとBBコリー氏は1991年に福岡県で生まれ、現在は栃木のサラリーマンとして働いているそうだ。

普通のサラリーマンが趣味としてペーパークラフトを制作しているということだが、中々レベルの高い趣味である。

暗号通貨アドレス

寄付されたコインはサイト運営やコミュニティの発展のために使用されます。

Bitcoin:1NEh5GY6GyY3NZ3bY4ZUtu1CWhRcGhErwc

NEM:NDBEQJ-7XIF6P-46AST5-2JQVLP-JIJS43-VOY5L7-LWA5

アンテナサービス運営中

当サイトでは現在アンテナサービス(プリズムアンテナ)を運営しています。

様々なジャンルのサイト(200以上)を取り扱っているので、よろしければ暇つぶしにどうぞご利用下さい。

アンテナのジャンルについては『アンテナについて』をご覧下さい。